ダイエットに潜む危険性

ダイエット中に潜む危険を知りましょう。

ダイエットの危険性

ケトン体という物質について

体内がエネルギー代謝をするときに、脂肪を分解します。
その時に生成される遊離脂肪酸という物質の代謝産物をケトン体といいます。
ケトン体とはアセト酢酸、そのアセト酢酸が酵素作用により変化したものや、アセト酢酸が別の作用により変化したアセトンという物質の総称になります。
一般の健康診断では馴染みはあまりありません。
血糖コントロール状況があまりよくない人には、知っておく必要のあることです。
他には低血糖の人も関係することです。
ケトン性の低血糖症の人は比較的やせ形の人が心身の不調とともに起こるとも言われています。
これは大人になるほどに改善されていく人もいます。
またケトン体は糖尿病患者が注意するべき点の一つです。
妊婦
他には妊娠中のつわりの時期などに出る場合もあります。
妊娠中の定期診断などで医師からでケトンが出たと診断される人もすくなくないようです。
それはつわりで食事摂取が減っていたことが原因の一つとも考えられます。
対策としては、やはり必要な食事をきちんととることが予防と改善につながるといえます。
どうしても食べられないという場合は点滴によって改善されることもあります。
ただし赤ちゃんへの影響は心配はあまりないそうです。