ダイエットに潜む危険性

ダイエット中に潜む危険を知りましょう。

ダイエットの危険性

血液型も考えながら17日間ダイエットでダイエットに挑む

アメリカなどで流行っているダイエットとして、17日間ダイエットに熱い視線が投げかけられています。これは短期集中型のダイエットプログラムになりますので、長期間だと大変そうだと思う人にはやりやすいでしょう。それに、血液型殻体質を考えて行うダイエットもありますので、それを組み合わせていく事でよりダイエットもしやすくなるのです。

17日間ダイエットのやり方は、4つのサイクルに分けられているのでそれに従って17日間を過ごします。促進期でまずしっかりと体重を落とします。その次が活性期となり、炭水化物なども徐々に食べるようにしていきます。確立期には体重を普段の食事でも保つ事ができるようにしていきます。最後の達成期では体重をキープするようにして、17日間ダイエットは完了します。

血液型もこの時に考慮していくと、もっと食事バランスも考えやすくなるのでおすすめです。血液型が違えばその分だけホルモンや酵素の分泌量、そして働き方も微妙に違っているのです。例えば、O型の場合は肉が欠かせないので、動物性タンパク質を中心に食べます。そして穀類の消化があまり得意ではないので、極力穀物やパン、豆類などは食生活から除きます。一般的に日本人に多いA型は農耕民族をルーツにしているので、野菜や豆類などの穀物を使って和食を食べるように心がけましょう。ガスもたまりやすいので、食物繊維も積極的にとると効果がアップします。B型の人は不得手な食材がないので、偏りがないようにバランスよく食べるのが一番効率がよいです。AB型の人はA型とB型の複合タイプですが、やや肉は苦手な面もあるので、注意しておきましょう。17日間集中してダイエットに取り組む際に、補助的に血液型に関しても考慮すれば体重のコントロールもしやすくなります。